痩身エステで痩せるわけ

今人気のサロン比較ランキング!!

痩身エステで痩せる方法

痩身エステは痩せるためのエステです。エステときくと肌をツルツルにする美肌効果や、フェイシャルアップなどダイエットの要素は感じられないように思うかもしれません。どのようにしてダイエット効果を出すのでしょう。
主な施術方法は、体を温めることによって基礎代謝をアップさせる方法、痩身効果の高いマシンを使って脂肪に直接働きかける方法、プロのエステティシャンの手でマッサージを行ってリンパの流れを良くする方法です。これらを一つのセットとして行っているサロンもあれば、どれかの方法を選んでダイエット効果を狙うサロンもあります。ここでは体を温めることによって基礎代謝をアップさせる方法を取り上げます。

ヒートマットとは?

体を温める方法はサロンごとに異なります。一つには「ヒートマットの使用」があります。ヒートマットとは体を温めることを目的にした専用のマットで、このマットにミノムシのように包まることで体全体を温かくしていきます。多くのサロンでは施術する前の5分〜10分をヒートマットで温めるところが多いです。さらに施術前だけでなく施術後もヒートマットを使用するサロンもあります。
このように体を温めることはダイエット効果を高めるうえでとても大事なことです。さらに体を温めることは基礎代謝をアップさせる効果だけでなく、大量の発汗を伴うためデトックス効果もあり、むくみの解消にもつながります。女性は特に冷えによる体調不良もありますから、これらの症状への改善も期待できます。

体を温める他の方法

遠赤外線のドームサウナを利用するサロンもあります。ドーム状になったサウナの中に体を入れて温めます。通常のサウナと違うところは、頭をだして、体だけ中へ入るところです。普通のサウナや岩盤浴ですと、複数の人が中に入るため一人一人の温度調整などができません。ドームサウナは一人に対して一台なので個別調整が可能になり、それによって、自分に効果の高い状態で体を温めることが出来ます。温度が高すぎてのぼせたり、低すぎて全く汗が出ないということを防ぐことが出来るのです。
サウナと違って息苦しくなることもないですし、遠赤外線によって汗腺以外の皮脂腺からも汗をかくので、運動の時にかく汗では出せない毒素も排出できます。さらに「ゲルマニウム温浴に手足を浸ける」という方法もあります。ゲルマニウム粉末を溶かしたお湯に手足を20分ほどつけることで体の中の毒素を排出します。これだけでも約600キロカロリー消費できるので、リラックスしながら痩せられるという嬉しい機器です。

多くのサロンで採用されている体を温める方法は、ダイエット効果を高めるのに抱えない施術となっています。基礎代謝をアップさせ脂肪がより燃えやすくなります。このようにして痩せやすい体を作ります。